はじめに

弊社でこのシートを開発したきっかけ、それは2000年頃までさかのぼります。

もともとはきれい好きが高じてこういった商品があればいいのにとの思いから、
サーフボードのデザインを損ねず、ワックスによるショーツ、ウエット、ボードケース、
果ては車や住居に至るまで、汚れないでサーフィンはできないものかと模索したの
がきっかけでした。

はじめはホームセンターなどにある規制の素材、アクリル板やウレタンゴム、液体
樹脂といった誰でも簡単に入手できる身近なもを加工し、それをサーフボードに貼
り付けてみては、グリップするだろうか、使えるんだろうかといったテストを繰り返し
行ってみましたが、

どれもだめでした!

この頃は企業コンサルティングといった全くの別業種をしながら、この製品の開発
とまではいかない程度の入れ込みようでしたから、1つの試作がだめとなったらそ
の次までは時間がかかり、背景に生活の安定なども理由にありなかなか前に進ま
ないまま月日が流れました。

それから5年ほどが経過し、結婚、子供を授かり、この頃から環境問題に強く関心
を抱くようになりました。自分の子供が結婚をし、子供を出産する頃まともに魚が食
べられないかもしれない。温暖化といった深刻なダメージが地球を襲っていると実
感して分かるのは、きっとその頃ではないかと。科学者などよほど一部の人達でな
い限り、このシグナルを敏感にキャッチできないまま、時は過ぎて行ってしまうので
はと。そう、私が開発スピードを鈍化していた頃のように。もしこのまま放置すれば、
向こう10年はこういった商品は世に出てこないと思ってました。実際に購入いただ
きましたご意見などから、「実は私もこの手の商品があればいいなと考えました」を
頂戴したことがあります。でも実現に向けてアクションを起こすことってそう容易いこ
とではないんです。実現化に向けて取り組まなくてはとの思いから、まず何をするべ
きかを考えました。

実現化、それは・・・

仕事を辞める。温い環境を変えて開発に打ち込む。これでも完成しなかったら、それ
はそん時と。当然家族の反対などがありました。妻などはマリンスポーツすら知らな
い、そこで完成など保証も何もない物作りを財産など投資してやるわけですから。
使命感などといった大それたものではありませんでしたが、無くてはならない物になる。
そういう存在に作り上げたいとの思いから後ろを見ずに突き進みました。

そして完成!

自分を信じて良かったと思うそんな時が来ました。6年以上の試行錯誤の末、やっと
満足のいく物が完成しました。この頃周囲からは「こういったものは特許などを取得し、
守ったほうがいいのでは?」保守的になることも1度は考えました・・・。でもそれは違う
ということも直ぐに分かりました。


1社で出来る事は限られている

トレンドが生まれ、それが汎用的な広がりを見せるのに必要な事は、業界がこういった
コンセプトにシフトして行かなければならない。複数社でこういった商品をマーケットに
投入してゆくべきだと思いました。私が製品開発上から分かったことは、この手のコン
セプトである商材をリリースしようとすれば、このEVAといった素材を同じように加工す
る他ないことを。ブランド力、イメージこそ若干の違いはあれど、この素材に尽きるとい
うのが現状における結論です。これをプライオリティーをかざして、閉鎖的にしてしまっ
ては、次世代のポジションどころかエコロジーといった本質なる考えからも遠く離れて
しまい本来の目的を見失ってしまうのではないかと。


異業種からの参入

多くのマーケットに共通して言えることですが、異業種からの参入こそがこれまでの
固定概念を崩し、まったく新しいコンセプトをその市場に投入することができると思っ
ております。このサーフィン業界も例外ではなく、商品をリリースしてからもう4年近く
が経過しますが、まだまだ海でこういった商品を頻繁に目にするといったレベルにま
ではとても到達してはいません。これにはいろいろな理由があると思います。

 ① 値段が高い

 ② 滑るなど信用できない

 ③ 周りで見かけないから

 ④ ワックス派だ

                 などなど。

購入に至れない最大の理由はこの価格にあると思います。不況であるこのご時勢で
なくても、購入に踏み切る際、もっとも高いハードルのひとつに「値段が高い」これが
あると思います。実際にご使用いただいておりますユーザー様よりこの価格について
のご意見などたくさん頂戴しております。そこで大改革の方針を打ち出しました。


“安さ”の“ポイント”

この素材を開発した者として、お買い求めになりやすい価格帯で、皆様に広くお使い
いただけるよう、責任を持ってコストダウンをするなど、必要な努力をしていかなくて
はならない思っております。具体的に何が必要か?まず、


流通体系を変える(B to C)

購入者の6割以上がインターネットで物を買う時代と言われています。ネット販売とは
消費者に直接商品を販売するいわゆるB to C(Business to Consumer)と言われ
るもので、あらゆる市場においてこの中間マージンを省いた消費者重視の考え方が、
今後も主流になり定着して行くと思われます。どこに住んでいても最新の希望にあっ
た商品などが、早ければ翌日には入手できる。送料などの問題はありますが、ご自身
で店まで行かれてそれにかかる交通費、店によっては敷居が高くとても入れないと感
じる方も多いと思います。またショップ自体が近くにない、あっても行く時間がない。
店の値段は適正とは思えない。消費者の意見をしっかりと受け止めればこのB to Cと
いう流通体系こそが、最大限の安さのポイントにつながることは簡単にご理解いただけ
ると思います。


広告費など使わない

雑誌、スポンサー契約などこういったものが商品価格にどれだけ多くのしかかってくる
かは皆さんも良くご承知と思います。弊社ではもともと異業種からの参入ということも
あり、このサーフィン業界に対して特別なコネクションがある訳ではありません。この
様な場合の考え方のひとつとして、大々的に広告などを打ち商品展開するといった方
法があります。しかしながら結果これは価格を押し上げてしまうことになります。また
雑誌が売れないこの時代に費用対効果として考えれば、この雑誌広告費というものが
商品価格にさらに重くのしかかってしまいました。これまでのこういった営業方法に至
っては反省すべき点が多々あり、これが普及を遅らせてしまった事実であったのかも
しれません。将来的にはスポンサー契約としてWCT入りを果たしている選手などの起
用をしたいと考えておりますが、今やらなければいけない事はこういったコスト削減を
することで価格を抑え、よりお求めになりやすい商品展開をすることと判断させていた
だきました。


エコロジーな商品を作っても、それが普及しなかったら何の意味もない

環境にやさしいエコと言っても、これが普及しなかったら大した意味を持たない商品に
なってしまいます。そうなったらこれを開発したパイオニアであってもそれが特別偉い
訳でもありません。これまでの販売数は海外を含め2万セットを超えました。約半分の
1万セットは日本の市場に流れています。潜在も含め日本のサーフィン人口は120万
人といわれてます。約0.1割の方に行き渡っている計算で、これではそうそう海で見か
けるもんでもなく、おそらくこの数字が1割程度くらいにまで達しなければ、いわゆる「普
及した」という感じにはならないのかもしれません。

あちらこちらでこういった商品を目にすること、これが普及することで最大の宣伝効果で
あると思っております。ワックスが使われるようになって30年以上が経ち、こういった製
品がどれだけ普及したとしてもワックス派であり続ける方もいらっしゃるかと思います。
そういった方にも快くお使いいただけるような商品に作りあげて行きたいとの願いから、
これまでお伝えさせていただきました「普及への道」を選択しました。


皆様には大変お求めになりやすい価格帯でご提供できるようになりました。

よろしくお願いします。